生駒山系の魅力をまるっと360°お伝えいたします。

ふぁんトントのブログPart.2

https://juantonto.official.jp

山歩き

十三越リトライ

投稿日:

「十三越」とは、大阪・天王寺と奈良・竜田をほぼ直線的に東西を結ぶ重要な交通路であったと云う。名称の由来は標高約435mの峠付近に、十三個の円墳(最大径6.7mの土盛り)が並んでいることにあり、現在に至るも解明されない謎の遺構として知られています。(国指定・重要有形民俗文化財)

弘法の水|ポリタンクで持ち帰る人が絶えない

現在の「十三越」は八尾市が管理する手軽なハイキングコースで、中腹より上にある水呑地蔵尊は、「弘法の水」を求めてお参りする人が絶えません。

 

下に続く。。。

スポンサーリンク

336-280

崩落地点の修復工事はやっと完成した!

2019.09.30撮影

修復されたハイキング道(十三越)

2018年9月に襲った台風21号は、生駒山系の各地に甚大な被害を与えました。十三越ハイキング道では、最初の堰堤を折り返す斜面で大崩落。法面が崩れて危険な状態が続いていました。

修復箇所を通り過ぎて振り返る。

工事用の迂回路も設置されていたようですが、この夏は一度も歩いていなかったので、お世話になることもなく安全に通行できました。関係各位に深く感謝申し上げます。

約100日ぶりに生駒山系を歩く

起点はいつもの心合寺山古墳

桐兄弟に会うのも久しぶり。池の水は澄んで綺麗な「逆さ桐」を見ることができました。冬場は夕陽に照らされる時間帯に訪問することおススメします。

今年最初で、たぶん最後のヒガンバナ

2008年から生駒山系の山歩きを始めて以来、こんなに長く生駒から遠ざかったことはありません。ロンドンから帰国後は真っ先にご挨拶と考えていました。しかし、脚力と体力に自信喪失だったので、短い距離から歩くことに。ソーユー意味で水呑さんの往復は最適。とは言え、真夏はめまいがするほど苦しいルートです。

河内越分岐に何を見た?

「河内越」は「十三越」以上に酷いダメージを受けたルート。廃道の古道ルートとしては、最高難度のルートになってしまいました。

綺麗に草刈りされた道標付近

道標付近手前は、このルートで最も勾配のキツイ区間です。朦朧としながら道標に目を向けると、綺麗に草刈りされた踏み跡がため池の奥に伸びている。確認する余裕はなかったので、とりあえず写真を撮っておきました。

【Amazon.co.jp限定】高儀 替刃式折込鋸 木工用 収納ケース付 オレンジ 240mm
髙儀(Takagi) (2016-01-15)
売り上げランキング: 4,157

 

よーし。これは再チャレンジする必要がありそうだ。装備はバッチリ準備できてます。

世界に紹介されたストリートビュー

信貴山、千体地蔵

上のストリートビューは、SV Summit in Londonの会場ロビーに設置された大型スクリーンで紹介されました。信貴山へも御礼に行かねばなりません。体が重いなんて言ってられないぞ。

水呑さんのテラスから八尾市内一望

と言うワケで、YAMAPへの活動日記投稿も再開。ヤマレコも容量の許す限り投稿しますよ。乞う、ご期待

336-280

336-280

-山歩き
-,

Copyright© ふぁんトントのブログPart.2 , 2019 All Rights Reserved.