生駒山系の魅力をまるっと360°お伝えいたします。

ふぁんトントのブログPart.2

Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

http://juantonto.official.jp

インターネット

Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

更新日:

2018年の暑い夏がやってきました。2台(代)目のSONY SmartWatch2(=以下、"SW2"と略します)を山歩きの相棒としつつ、普段はApple Watch3 GPSモデル(=以下、"AW3 GPS"と略します)を使うようになりました。晴れて両者を公平に比較できるようになったワケですね。

.

夏になると腕時計はジャマになってきます。特に汗が溜まって鬱陶しい。山歩き中のSW2はポーチにぶら下げて使うけれど、AW3 GPSの場合、腕から離して使うのは意味がない。せっかくの無接点充電や防水性能を活かせません。もちろん、各種センサー類も。

と言うワケで、周回遅れの比較レビューをお届けします。

《以下に続く》

スポンサーリンク

336-280

2018.02.22 ついにApple Watch3 GPSモデルを購入した

購入日まではっきり覚えているのは、その日に心斎橋で仕事があり、打ち合わせの合間にアップルストア心斎橋店へ立ち寄ったからですね。

今回購入したのは、"Apple Watch Nike+(GPSモデル) 38mm スペースグレイ" です。税込みで何とか40,000円以内に収まる価格。前もって購入意思を固めていても、イザ現地に着くと、「42mmの画面大きくていいなぁ」とか、「セルラー版の方が容量16GBでイイゾ」とか、、、やっぱり見て買うのは良くないです。

Apple Store

Apple Store
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

ついでに購入した周辺ブツ

Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

不満噴出、持ち歩きのケース

新しいデバイスを購入すると必ずと言っていいほど、いろんな付属品を買いたくなります。失敗したモノもありますので、反省も込めてご紹介。※すべて自分で購入しました。

  • その1 バンド
  • SW2で複数のバンドを所有しており、バンドの交換は気分転換にもなります。Apple Watchでは、アマゾンでパチモンを購入するよりも、定期的に発売される純正品を買うのがApple Watch流儀です。

  • その2 保護シート&ケース
  • SW2でさんざん画面をぶつけたり、擦り付けたりしましたからねぇ。その都度液晶表面を守ってくれたのは保護シートでした。AW3 GPSではかなりナーバスになって、全面保護ケースにしました。視認性と操作性は少し損ねます。そこは、トレードオフのつもりだったけれど、、、夏になると汗の侵入により使い物になりません。

    そこで同じDalinch製の保護フィルムに切り替え。角は守れないけれど、独特の装着手順で視認性バツグンです。購入に当たっては、「Appleが大好きなんだよ」さんの動画を参考にいたしました。

  • その3 充電関係
  • アルミ製のクレードルはとても良かった。大満足です。宿泊の伴う出張時もコレ一つで十分だったかも。クレードルは据え置きと言う思い込みでちょっと迷走しました。

    うーん。微妙です。丸一日以上バッテリーが持つAW3 GPSで使う機会があるかなという感じ。安いからイイけど。

    これもなぁ。普段横置きにして使えるかなと思ったけど、ケースが意外にずんぐり大きくてカバンに入れる気もおきない。いずれにしても、充電ケーブルの短いモノを追加購入する必要がありそうです。※ケーブルは純正品をおススメしておきます。

    AW3 GPSの良い所、悪い所

    ココからは本題。SW2とは完全に使い分けをしています。AW3 GPS購入の最大同機は、Suicaアプリの利用とApple Musicでした。

    Suica

    Suica
    開発元:East Japan Railway Company
    無料
    posted withアプリーチ

    Suicaについては、昨年(2017)にiPhone7 Jetblackを購入してからずっと利用しています。おかげでnanacoやEdyを使わなくなって、プライベート利用をiPhone×Suicaで、仕事利用をAW3 GPS×Suicaにし、Android端末にFelica搭載を必須としなくなりました。※Google Payも遅れてSuicaに対応してきたので、正直悩ましいところ。

    .

    AW3 GPSに設定したSuicaの場合、左腕に装着して改札を通るのがネック。しかし、ちょっと半身にしてかざすだけで、スムーズに入退場可能です。スマホを取り出す必要がないのでとても便利。

    Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

    ウォッチの向き(ウォッチアプリ)

    設定によりデジタル・クラウンを左側にして、親指で操作するようにしました。この方が何かと便利です。

    夏対策を十分に

    Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

    ウォッチの設定アプリ画面

    AW3 GPSの設定に悩むところ。iPhone7と連携するAW3 GPSでは、センシティブな情報についても転送するようにしています。なので、腕から離した時や、iPhoneが手元にない時は、ロック状態にしておきたい。さすがに先進技術のカタマリですね~。SW2にはないインテリジェントな機能が満載です。

    Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

    暑い日の腕時計はウザイんだよ!

    しかし、暑い時期に腕時計はウザイ。相手がAW3 GPSでも、これは同じ。バンドを緩めて腕からちょっと浮かした状態にするだけで、ロック状態になって改札を上手く通れないケースを2度ほど経験。駅で入退場を完了する際は、じっと我慢せざるを得ませんね。※ロックされる原因は他にもあるかも知れません。

    ハングアップなのか? Apple Music

    Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

    純正ミュージック・アプリ

    AW3 GPS購入に至るもう一つの動機は、意外にもApple Musicでした。月額課金と言うのが嫌いで、Amazon Music Unlimitedなど便利なサービスを敬遠しています。Apple Musicには年払いで安くなるプランがあるので、試したくなっていました。AndroidではGoogle Play MusicからSDカードに多数の楽曲をダウンロードしていますけれど、ソレらは元々アテクシがコツコツとアップロードしたもので、マンネリ化が激しいのです。

    Apple MusicのFor you機能を使って新しい音楽に接して見たくなりました。iPhone7でも同じことは出来るけれど、時計のような小さなデバイスに音楽を出し入れして持ち歩くのはかつて恋焦がれた夢の一つ。それを再現したくなったのです。※最大2Gの容量をやり繰りします。あー、懐かし。でも楽しい!

    Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

    ウォッチアプリで楽曲を転送!

    半年以上前に購入したのは、Soundpeats Q16と言う商品ですが、Amazonだけでなく同社のウェブサイトからも消えています。AACコーデックにも対応しており悪くない商品だと思ったのですがねぇ。替わりに片耳用のワイヤレス・イヤフォンを紹介します。同じ種類のモノを家族が使っており、女子であれば髪の毛で隠せます。片方なので、声を掛けられても大丈夫。それでいて意外に音もイイんですよ。

    Apple Watch3 vs SONY SmartWatch2

    Soundpeats Q16一式(廃機種)

    Q16はAirPodsライクな完全を謳うワイヤレス・ヘッドセット。廃機種であっても本体の動作に問題ありません。ペアリングして試していたところ、1時間程度で再生ストップ。ファイルの取り込みに失敗したのかと思いましたが、どうもよく事情を理解できません。暑さのせいなのか、汗がセンサーに悪影響したのでしょうか。

    .

    いずれにしても、AirPodsを慌てて買う必要はなさそうです。新型が出ると欲しくなるかもしれませんが。。。また、Apple Watch3 シリーズのワイヤレス充電はとても便利。SW2では充電の度にMicro USBキャップを取り外すので、とても面倒な上に耐久性が心配。キャップの損傷は即アウトです。もっとも、先代はキャップよりも先にバッテリーの寿命が尽きました。

    AW3 GPSでは、将来バッテリー交換するでしょうか。たぶん交換よりも新品購入を選ぶ可能性大ですね~。

    .

    SONY SmartWatch2はまだ販売中! これからも現役で使い続けますよ。では、また。

    336-280

    336-280

    -インターネット
    -

    Copyright© ふぁんトントのブログPart.2 , 2018 All Rights Reserved.