生駒山系の魅力をまるっと360°お伝えいたします。

ふぁんトントのブログPart.2

ローカルガイド・コネクト

http://juantonto.official.jp

インターネット

続・ローカルガイド・コネクトでの活動を振り返る

投稿日:

「コネクトは、ホントに面白い」と言うワケで、ここ半年の活動を振り返ることにしました。

生駒山系の魅力を発信するローカルガイド

ココまで振り返って見ると、「生駒山系の魅力を発信する」活動としては不十分さを痛感しています。下半期はこの反省を踏まえて、ローカルガイド活動を通じた記事投稿を心がけ、報われたいと言う自己欲求を捨てねばなりません。

投稿記事一覧[2018年5月1日~6月21日]

上半期後半についても、断りのない限り「日本語ボード」への投稿記事です。
下に続く

スポンサーリンク

336-280

2018.05.02

この記事はソコソコ盛り上がりました。Facebookの投稿から引用し、YouTubeの日本語字幕を手伝ったというオリジナル性が功を奏したのかもしれません。しかし、ちょっと盛り上がると話題がアサっての方向に飛んでしまいますね。

ここでの会話は、その後面白い方向に発展しました。あっという間に実現するのは、@potaro67さんの行動力に拠るところが大です。

2018.05.05

このスレッドは、ちと物議を呼んでいます。日本語ボードは「日本語以外禁止」のボードではありません。しかし、「日本語の壁」は私たちが想像する以上に高く、海外の参加者を遠ざけています。ここに留まる限り、いつまでも「井の中の蛙」です。

GIOさんの紹介するストリートビューは面白い。ミニチュアの撮影方法が知りたいところ。撮影日の2015年当時、RICOH THETA Sは販売されていました。しかし、認定カメラではなかったと思います。

  • ドイツ・ハンブルグ / ミニチュアワンダーランド
  • GIOさんとはFacebookでもお友達になりました。投稿時にタグ付けして自己主張する方法は、広く行われていますけれど、多用し過ぎるとガイドライン違反を問われます。当方は慣れていますので、この程度は問題ないと思いますが、Overtaggingの警告を受けた模様

    2018.05.18

    .

    上記は一対の記事です。元記事の書き手が別人だったので、記事を二つに分けました。下の記事は、今後引用で使うことも視野に入れています。Google マップと検索に旅行ガイドが掲載されていることを初めて知りました。主に検索側のサービスですが、プランの作成にはマップが大きく関わります。

    ローカルガイド・コネクトでの活動を振り返る

    情報カードにリンクされる旅行ガイド

    内容的にAIによる自動作成だと思われます。記事内のフォームを利用するとフィードバック可能なので、もっと「使える」旅行ガイドにしたいと思います。

    Google Trips - 旅行プランナー

    Google Trips - 旅行プランナー
    開発元:Google, Inc.
    無料
    posted withアプリーチ

    Google Tripで編集できると便利ですね。ところが全く関係ないようです。

    2018.05.19

    ローカルガイド・コネクトでの活動を振り返る

    @AriMar; Google Moderator

    すい星のごとく登場したGoogler @AriMarさんの虜になりました。翌週公開された「スカベンジャー・ハント」など、たいへん興味深い記事を連発されています。そして発想力が素晴らしい。

    ローカルガイド・コネクトでの活動を振り返る

    セブンイレブンの地方限定メニュー

    元記事の写真とクリソツな「ばくだんおむすび」。狙ってもできない偶然の産物です。これはYAMAPでいつもやってるコンビニ・ランチの紹介でした。コンビニのローカル・フーズをローカルガイドでシェアするのも面白いかもしれません。

    2018.05.20

    当ブログでも前後のエピソードとしてお伝え済みです。名誉なことに今年のStreet View Summitで紹介されました。と言っても、記事のスクショだけですが。。。

    紹介部分を頭出ししておきました。どうぞご覧ください。

    2018.05.25

    .

    この日の新規記事は前述の「スカベンジャー・ハント; scavenger hunt」です。こんな面白い記事をいつか書くことができるでしょうか。下はMeet-upを企画すると自動生成される記事で、追記した部分がメインとなります。意外にも読んでくださる方があって驚きました。

    来年、イシクラゲに再会できるでしょうか。一年後に必ず訪問いたします。アルバム内に当日撮影の画像多数あり。ついでにJumping画像も入っています。

    2018.05.26

    再びリライト記事です。"How to take photos for ~" というシリーズ記事の一つで、図書館をテーマにしているため、室内ストリートビュー撮影の題材として紹介しました。

  • この記事でも@potaro67さんの行動力に後塵を拝す!
  • 公共の施設を撮影するのはムツカシイけれど、必ず役に立つと信じています。事例が増えれば、加速度的に普及するでしょう。※撮影時に許可を取ることを前提にしています。違法行為の推奨ではありません。

    2018.05.28

    iPhoneラブなあなたに朗報! マップに投稿した動画(最大30秒)をiOS版マップ・アプリで閲覧できるようになりました。Rolling out方式なため、アップデート(ver.4.48)から時差があったようです。

    ローカルガイド・コネクトでの活動を振り返る

    Google Maps App on Appstore


    投稿先; Mapping Your World

    2018.05.30

    Google VR/AR teamからベータテスターのお誘いが3月頃にあり、機密保持契約を交わしてまで参加したのに、結局、正式リリースまで一度もログインしませんでした。Tour Creatorでは、公開済みのストリートビューをベースに、独自のオーバーレイを設定することで、手軽にVR/ARコンテンツの作成を可能とします。

    百聞は一見に如かず」と言いたいところですが、まだまだベータ版の域をでません。最初から提供される埋め込みコードに好感を持ちますが、動作に不具合を感じますので、後日改めて紹介したいと思います。

    2018.06.06

    コネクトを3年もやっていると、投稿してる写真数1,000枚の上限に接近して来ました。日頃は縁のないHelp Deskの記事を読んでいてビックリ。この問題はすでに2017年末の時点で解決していたのです。そこで、アチコチの記事をつまみ食いして、「ドヤッ」とばかりに書いた記事がコレ。

    Caption; ガクアジサイ 撮影; 2018年6月17日 iPhone7 Camera app HDR

    .

    WordPressでもテストしておきます。IMGURLを適切なURLに書き換えてください。1枚表示だったら、プラグインよりこちらが便利かも。テンプレートとしてHTMLコードを置いておきます。

    <figure><img src="IMGURL" border="0">
    <figcaption><font size="2" color="#808080"><em><strong>Caption; Text.text.text</strong></em></font></figcaption>
    </figure>
    <p><font color="#FFFFFF">.</font></p>

    2018.06.09

    「本好きのアナタに贈る写真撮影のコツ」で"Elevator Widget"の話題となり、一歩踏み込んで紹介しました。2016/2017年のプログラム改編時期まで、一部のフォトグラファーによって独占的に使用されてきた機能です。現在では、有料ツールを導入することで誰でも設定可能となりました。

  • Pano2VR Ver.5.2.3で再公開して実装。表示も安定しています。
  • 問題はiOS版マップ・アプリで非対応なこと。それもちょっと複雑な事情が絡んでいてムツカシイ。※直後に目からウロコな解決策と未確認情報がSVtpボードに飛び交っています。

    2018.06.11

    Meet-upを企画しないのに、Meet-upボードへGoogle謹製アプリを持って殴り込み! Just a Lineは、ARテクノロジーの将来を占う役目を担っています。

    Just a Line - Draw Anywhere, with AR

    Just a Line - Draw Anywhere, with AR
    開発元:Google, Inc.
    無料
    posted withアプリーチ

    最初から、iOSとAndroidでコラボレートすることを謳っているのが特徴。投稿先; Let's Meet-Up!

    2018.06.20

    この記事はSVtpボードへ英語で投稿しました。上のリンク先は日本語版として、2018.06.09の記事に追記したものです。「これは、スゴイ発見!」と思って投稿したものの、直後に一瞬で陳腐化(?)。まだ未確認情報ながらiOS版マップ・アプリがついに対応するようです。Street View Summit 2018参加者のルシオ(@LucioV)さんが、開発責任者のCharles Armstrongさんから直接聞いたということですから、間違いないと信じます。

    ローカルガイド・コネクトでの活動を振り返る

    Mobile Safari; Desktop view

    動画閲覧についてもアップデートからRolling outされるまで一ヶ月近く要しました。iPhoneシェアの高い日本では、一日も早く実装されることを願います。Mobile SafariからGoogle Mapsへのシフトも発生して、Google的に「美味しい」と思うのですがねぇ。投稿先; SVtp-General Discussion

    ローカルガイド・コネクトは楽しい

    ローカルガイド・コネクトはとにかく楽しいコミュニティです。Googleとしてはもっとマップへの投稿を増やしてほしいでしょうから、当方のようにコネクトに現(うつつ)を抜かす参加者は困りモノかも。

    .

    と言うワケで、新機能またはアップデートの気配もあり。しばらく新規投稿を控えて様子を見ようと思っています。返信やコメントは継続しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    コネクトは情報の宝庫

    コネクトを通じて、イタリアの友だちができました。世界中からローカルガイドという共通のサービスを通じて交流できるコネクトは素晴らしい。これからも下手な英語を駆使して投稿を続けますよ。では、また。

    前編はココ

    336-280

    336-280

    -インターネット
    -,

    Copyright© ふぁんトントのブログPart.2 , 2018 All Rights Reserved.